患者さんとの良好なコミュニケーション事例

看護師などの医療従事者にとって、患者さんと良好なコミュニケーションを取ることは、業務を円滑に進めるために欠かせないポイントだ。このため、患者さんとのコミュニケーションにおいて、様々な工夫を取り入れている病院も少なくないようだ。
実際に医療機関で取り入れている事例としては、患者さんの近況を記録している取り組みが挙げられる。これは、患者さんが近況などを話した時にメモを残しておき、次回来院された時のコミュニケーションに役立てるものだ。
例えば、患者さんが「今度旅行に行くんだよ」と語っていたのであれば、「ご旅行はいかがでしたか?」と尋ねることができる。どんな些細なことでも、患者さんにとって、自分のことを覚えてもらえることは、とても嬉しいものだ。
また、声かけをする時に、きちんと名前で呼びかけることも良好なコミュニケーションに役立つ。例えば、挨拶をする時に、単純に「こんにちは」と言うのではなく、「〇〇さん、こんにちは」と名前を呼びかける。また、病院を出ていく患者さんに対しては「お大事に」と伝えるだけでなく、「〇〇さん、お大事にしてくださいね」と丁寧に伝えるのだ。名前の呼びかけがあるかないかで、伝わり方の度合いが大きく異なると言えるだろう。
さらに、患者さんとのコミュニケーションを円滑にするためには、話しやすい体制や雰囲気を作ることも重要である。例えば、患者さんの看護を行う時に「何かあったら、いつでも声をかけてくださいね」と伝えておくことで、患者さんは困った時に話しやすくなるものだ。このように、日頃のちょっとした声かけや心配りが看護師としてとても大切だと言えるだろう。