均質な医療から患者の個性を重視した医療へ

医療業界で働く人にとって、クオリティーオブライフは一つのキーワードとして認知度が高まっている。
これまでの考え方として、医療現場では治療方法が確立されている病気に対して、均質な医療を行うことによって高い確率で治療を目指すことが最も重視されてきた。現状としても治療方法が確立されている場合には、その傾向は大きく変化していない。
しかし、治療方法が存在していても寛解率が極めて低かったり、そもそも治療方法が存在しなかったりする状況が生まれてきている。それでもなお、不調を訴える患者さんに対して適切な医療を行わなければならない現場では、もはや均質な医療を行うだけでは不十分になっているのである。
看護師にとって特に重要になるのが、クオリティーオブライフの考え方であり、個別医療の理解と実践が必要になっている。患者さんの個性を重視して、これからの人生をどのようにしていきたいのかについて聞き出し、その要望に応じた医療を行っていくという形が重要になっているのである。
普段から、患者さんの様子をよく観察している看護師にその重大な責務が任されているのが実情であり、個別医療の意識を欠いてしまっていると、病院で活躍するのは難しいのが実情となっている。
クオリティーオブライフの考え方は、医療業界で働く人にとって理解が必須になっているが、看護師にとっては常に目標として掲げて実践しなければならないものになっているのである。看護に携わるからには、忘れてはならない事実だろう。