初心に戻って考える必要性

看護師の資格を取得して就職先が決まり、これからようやく現場で働けるというタイミングでは、看護の基本はよく覚えていることだろう。医療現場で働くからには、患者さんのことを第一に考えるのが重要になる。
そのために必要なのが、患者さんの立場に立って考えるということであり、職場に出てきてからしばらくの間は、その意識を続けることができるだろう。相手の立場から考えて何を要望しているのかを推察し、それに応じられるように看護を行っていくというスタンスを続けられれば、いつまでも愛される看護師として活躍できることだろう。
しかし、新人教育を受けている間に習得しなければならないことも多く、忙しい仕事に追われる日々が続くことも影響して失念してしまうことは多いようだ。長年働いていると完全に意識の範疇から抜け出してしまって、自分の考え方で接するようになってしまっていることも稀ではない。
結果として、普段から重要なところで活躍できずに苦しむ状況になってしまいやすい。ベテランとして広く信頼を受けて働けるまでの道のりとして、この段階を乗り越える必要がある。
初心に帰って、患者さんの立場で考えるというスタンスを取り戻さなければならない。思い悩んだときの基本手段は初心に帰るということであり、以前は持っていたはずの自分の考え方を再考して、必要なものは取り戻すという姿勢を持つと良いだろう。看護師として働いていて苦しいと感じることはよくあるが、そのときこそ、まずは初心に帰って考えることが大切になるのである。