患者さんと距離が縮まるコミュニケーション

患者さんとコミュニケーションをとるときに、必ずといっていいほど「敬語」を使用するようにと言われるが、実際に現場に出たときに正しい敬語を使えている人はほとんどいないのが現状である。
しかし、そういった人でも、患者さんとの関係が良好な人が多いと思う。それは、時と場合を考え、コミュニケーションをとっているからである。まず、初めて入院してきた患者さんに対しては、もちろん敬語を使う必要がある。初めて会った人に馴れ馴れしく喋りかけるのは、あまりいい印象ではない。
次に、長期間入院している人やご高齢の患者さんに対しては、その地方の方言を使うのも大切だ。人生の先輩に友達言葉を使うのは、あまり良いこととは言えないが、方言を取り入れることによって、患者さんとの距離が縮まり、より良い関係につながることもある。
患者さんとコミュニケーションをとるときには、まず敬語を使い笑顔で接すること、その人のことを知った上で敬語や場合によっては、友達言葉、方言等を使いこなし接していく必要がある。
コミュニケーションをとるときに1番大切なことは、言葉よりも話すスピードであったり口調を柔らかくすることである。どんなに親しみを込めて話しても、話すスピードが速いと忙しい印象を与えてしまったり、口調がきついと怒っているような印象を与えてしまったりする。そういった印象を持たれないためにも、患者さんには優しく穏やかに話しかける必要がある。